スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レザークラフト:クラフトの手順①

レザークラフト
11 /13 2013
寒くなってだんだんとお肌がカサカサになってきたこの頃(´_`。)グスン

お風呂上りには、保湿クリームを体全体に塗らないとかゆくって|||(-_-;)||||||

でも、クラフトをするときは、保湿クリームは厳禁なんです!

何故かと言うと・・・

革を扱う
  ↓
革=人間の皮膚と同じ
  ↓
保湿クリームで表面を保護
  ↓
手に付いた保湿クリームが革に付く
  ↓
革が保湿=保護
  ↓
色が入らなくなる(ムラになる)
  ↓
台無し(´□`;)

ということで、このカサカサな季節に革を扱うとき(特に色を染める革)は、
保湿クリームは厳禁なんです。
※お化粧した後もしっかり石鹸で手を洗います。
※お菓子を食べた時もお菓子の油もNGなのでしっかり手を洗います。

そんな繊細かつ油厳禁な革の扱いですが・・

染色するまでの行程をちょっとづつ紹介しようかと(o^∇^o)ノ

まず、タンローという牛革を切ります。

1311133.jpg
教室で購入していますタンローというカービング・クラフト専用の革です。

詳しい説明は・・・
「レザークラフト・ドット・ジェーピー」さんのサイトより

牛さん、ありがとう。しっかり使わせていただきますo(T^T)o

そして、型紙より一回り大きめに切り出した革を用意。

※革は水に塗れたり、染色をする事で縮むので、大きめに切ります。

1311131.jpg

さて、カービング(絵付け)をしていきます。

トレーシングペーパに図案を描いておきます。

タンローを霧吹きで全体を湿らせます。

トレーシングペーパーの図案を鉄筆で軽くなぞり革に移していきます。
(鉛筆で書いた面を下にしないこと。鉛筆の黒が革について消えなくなります)

1311132.jpg
図案を写し終えたら、この「スェーベルカッター・セラミック歯」という工具で
図案に切り込みを入れていきます。

これ、神経を使います(´Д`) =3 ハゥー

少しでも心が乱れていると、線も歪む気がします( ̄Д ̄;)

図案によっては、このカッターで切り込みを入れずに、刻印を打つところもあります。

こうした細かい作業をチマチマしていきます~♪

今日は、ここまで<(_ _*)>

1311134.jpg
昨日、染色しました♪

先日の紺と比べ、また華やかさがありつつ、ボルドーの渋い赤が引き締めているかな?♪

もう1色提案したいと思っておりますので、上記と同じ図案の物をもう一つ作っており
「そうだ!カービングの手順を紹介しよう♪」と思い、今日の日記に至りましたヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ


ハンドメイドブログ
↑今更ですが、これに参加しました♪ よかったらクリックお願いします。

広島ブログ
↑あっ、これも右ツールバーにありましたが、ついでにこちらもお願いします。

革を扱っている時は、手がかっさかさです・・・( ̄_ ̄|||)

手繋ぎデートも出来ないわ( 。・_・。)人(。・_・。 ) ← もう縁遠いお話ですが・・・Σ( ̄ε ̄;|||・・・

今日の「あさイチ」は、「唇の乾燥」でしたね。
ワセリンで保護してぷるっぷるの唇を目指そうかしら。

( 。-_-。)ε・ ) チュッ ← これも縁遠くなった・・・(_□_;)!!

「年取ると 体も心も かっさかさ」心の俳句||||||||||||||(_ _。)ブルー||||||||||||||||






関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ぽこ・マーレライ

こんにちは!ぽこです。
皆さんにドイツのバウエルンマーレライの作品と革に染色し、1針1針心を込めて作るレザー作品をご紹介♪
オーダーメイド&講習についてのご相談も受付中です。
メールフォームよりご連絡ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。