セットでいかがですか?

作品(販売品)
10 /19 2010
作品をご紹介する前に、ちょっと「マーレンとの出会い」をお話したいと思います。
ご存知の方もいらっしゃるので、スルーしてくださいね。


ドイツに駐在すると決まった時、トールペイントをしていた私は直ぐにネットで
「ドイツ、ペイント」と検索して、トールペイントの教室を探しました。

すると「バウエルンマーレライ」という言葉が飛び込んできました。

私達が住む予定の街にあったその教室は、ドイツ語で書かれたホームページだったので
まったく内容はわかりませんでしたが、とりあえず「名前・住所・電話番号」だけメモして
ドイツに飛び立ちました。

その半年後、やっとその教室に通っているという日本人の知り合いに出会い
教室に通えるようにお話をしていただいたのです。

その先生は「ハイゼンベック先生」。ハイゼンベック先生のHP

やっと憧れの先生の教室に通えるんだぁ~と嬉しくなり、1年は週2回通い続けました。

帰国が決まった時、「もっと先生から教えてもらえることがいっぱいあったのに」と残念に思いましたが
日本人の先生(ハイゼンベック先生のお弟子さん)のアシスタントをさせて頂き、
「教える立場の勉強」を数日でしたが学ぶことが出来ました。

そして、先生からも「日本でも続けてね。元気で」と声を掛けていただいた時は嬉しかったです。

ドイツに駐在すると聞いたときは「私は大丈夫なのだろか?」と心配しましたが
好きなことが見つかり、大きなものを得て帰国できたことが今では一番のドイツ記念なんだろうと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんな想いを込めながら作った作品です。

settoilet1.jpg
welcomeボード(ドイツ語では、Willkommen)と、トイレ(ドイツ語でToiletten)

せっかくなのでドイツ語で描いてみました。

同じ色を使った2つの作品です。


表札って、季節によって変えてみたくなるアイテムですよね♪
四季を意識して、これから作ってみたいと思っています。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ぽこ・マーレライ

こんにちは!ぽこです。
皆さんにドイツのバウエルンマーレライの作品と革に染色し、1針1針心を込めて作るレザー作品をご紹介♪
オーダーメイド&講習についてのご相談も受付中です。
メールフォームよりご連絡ください。