百姓家具

日記
02 /08 2012
先日、会員になっております「銀座ソレイユ」(絵の具、筆、素材などの販売や教室を行う会社)から
会報が送られてきました。

新しい本の案内や教室の案内、そしてSALE品の案内などなど・・・

最新の情報が入手できます。

その中で、私が心惹かれた本がありました。

「百姓家具」Bemalte Bauernmoebel


百姓家具―バウエルンメーベルの世界百姓家具―バウエルンメーベルの世界
(2011/10)
杉村 逸男

商品詳細を見る


もう一目見て「欲しい!!」と思いました。

この本は、私がやっております「バイエルンマーレライ」の元でもあり、
本来の姿でもある、絵付けされた家具がフルカラーで紹介されている本です。

ずーっとこのような本が欲しいなぁ~と思っていました。
ドイツでもいろいろ書店を見てみたのですが、見当たらず。

ドイツ語で書かれていても、翻訳するのが面倒だし・・・と諦めていました。

日本で出会うとは思いませんでした♪

著者「杉村逸男氏」が30年ほど前にスイスに留学した際に
バウエルンマーレライに出会い、建築士でもある杉村氏が建築の研究を通して見た
マーレライの姿が描かれている本です。

まだ、手元にありませんが・・・。早く見たいです!!!

この本を検索しておりましたら、杉村氏のHPを見つけました。

「杉村逸男氏のホームページ」


このHPにも、「百姓家具について」や「スイス民家」、
そして杉村氏が手がけた家などが紹介されております。

このリンクや本の紹介をするに当たって、ご本人に直接承諾を得ないと・・・と思い

勇気を出してメールをしました。


すると、快く承諾していただき、またこの本やHPを参考に
これからの私のマーレライ活動にお役に立てば・・・と
嬉しいお言葉を頂きました。

また、福岡で行われる杉村氏の「百姓家具の講習会」の案内を頂きました。
ホームページにも案内が掲載されております。


4月21日(土)13:00~17:00
福岡のアイレフ10階講堂


物凄く行きたい。

きっと違った視点で、バウエルンマーレライの世界を見ることが出来ると思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私がドイツ・フッセンとガルミッシュ・パルテンキルフェンで出会った
絵付けされた家々。

281.jpg
フッセンのホテル 窓枠などに絵が描かれています。

282.jpg
上の写真のホテルの窓のアップ写真。

283.jpg
ガルミッシュで見たフレスコ画。

284.jpg
アパートメントか役所だったのか覚えておりませんが、
この土地の主な職業の絵です。

285.jpg
同じくガルミッシュの町外れで見た個人の家の壁。

窓枠は絵なんですよ。

286.jpg
この家は「ヤギ飼い」だったんでしょうね。


日本では見られない風景でした。




関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ぽこ・マーレライ

こんにちは!ぽこです。
皆さんにドイツのバウエルンマーレライの作品と革に染色し、1針1針心を込めて作るレザー作品をご紹介♪
オーダーメイド&講習についてのご相談も受付中です。
メールフォームよりご連絡ください。