エコバッグ・・・⑥とToilet

オーダーメイド(マーレライ)
02 /28 2011
3月15日、Lecheさんで行われる講習会のご案内は・・・
ミニ表札作りより。
まだまだ募集しております♪

右のメールフォームよりご連絡ください。

エプロンだけお持ちください。
道具も揃えておりますので、手ぶらでお気軽に起こしください♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

またまたエコバッグの作品です。

母から始まったエコバッグ・ブームですが(笑)
親戚の叔母からも「10個お願い」とか
母からも「私も10個追加ね」とか
私はエコバッグ職人?と思うほど(笑)エコバッグの反響がありまして
今日も、母から15個のエコバッグが届きました(笑)

今回も、エコバッグを気に入っていただいてオーダーを頂きました♪

2285.jpg
茶色とオレンジの2つは、山仲間でもあります友人からのオーダーです♪
友人のお母様もこのブログを見てエコバッグを気に入っていただいたという嬉しいお話も!
私もがんばるぞ~!っと気合が入りました♪

そして、ライムグリーンはビーズ作家さんの友人ancaraさんからのオーダーです♪

ありがとうございました

2282.jpg
こちらは、山仲間の友人へのプレゼント♪
いつも旦那が山でお世話になっている感謝を込めて。

真ん中にエーデルワイスを描きました。



2281.jpg
ワインレッドのエコバッグは、大人色の落ち着いた感じに仕上げました。
ゴールドの絵の具も使っています。

これは、Lecheさんに納品する用に仕上げました。

エコバッグ⑤でご紹介したライムグリーンとモスグリーンのエコバッグも
納品することになりました。

*母より、「納品する分が無くなっちゃうから、私のは次でいいよ~」と言うことで
 3月中に納品するように準備しております。


お楽しみに♪
スポンサーサイト

トールペイント・・・小物

トールペイント
02 /26 2011
まだまだあります、トールペイントの作品(笑)

こうして見ると、いっぱい描いたなぁ~と思うけど、
「あれ?あの作品の写真が無い・・・」とか多々あります。

作った作品はちゃんと写真に撮って保存する習慣がなかった当時。
デジカメとフィルムカメラの境目ぐらいだったので、
今見たく手軽に写真が撮れなかったのかも。

そう思うとマーレライの作品はほぼ写真に残していますが、
ファイルを整理していたら90作品を超えていました!!!
細かく言うと、同じハンガーだったら絵が違っても1作品としてファイルにしているので、
1つ1つ数えたら100作品超えます・・・。

約5年で100作品って多いのか?少ないのかな??


では、トールペイントの作品をご覧ください。

hanger1.jpg
デイジーのハンガー 名古屋のトールペイント教室にて
2003年1月 シンプルで可愛いデザインです。

Valet.jpg
コートハンガー 名古屋のトールペイント教室にて
2003年2月 4作品目です。とても実用的です。

keyvalet.jpg
デイジーのキーフック 名古屋のトールペイント教室にて
2003年6月 名古屋のトールペイント教室で習った3作品目の
ハンガーの絵を描きました。素材はダイソー。

tray.jpg
マーガレットのお盆 ペイントクラフトNo.38の岸本照美先生デザイン表札をアレンジ
2003年10月 教室の作品展に出品。

can2.jpg
チューリップのラウンドBOX トールペイントコレクション120より  
2003年10月 同じく作品展に出品。ダイソーのブリキ缶に描きました。

box.jpg
ストライプとハートの鉛筆立て トールペイントコレクション120より  
2003年10月 同じく作品展に出品。ダイソーの木の素材に描きました。

can1.jpg
サマーサンシャイン ゲイル・アンダーソン/トールヘブンコレクションより
2004年 ダイソーのブリキ缶に描きました。
ゲイル・アンダーソンの本を見た瞬間に感動しました。
実際描いてみると、何回も重ね塗りして大変でした。


cafe.jpg
コーヒーフィルター入れ ペイントクラフト参照:一部オリジナル
2006年3月 北アルプス鏡平から見た槍ヶ岳の風景を描きました。
山好きの友人へ。


paperbox3.jpg
ポケットティッシュ入れ トールペイントコレクション120より
2006年3月 ポケットティッシュを活用するために。

roundbox.jpg
象のラウンドBOX ペイントクラフトNo.48より
2005年5月 アジア風の象のデザインがかわいくて描きました。
内側はウォッシュでリーフデザイン。

paperbox.jpg
引き出しつきティッシュBOX 憧れのばらP18とペイントクラフトNo.40より
2005年9月 引き出しつきの小物入れが付いていて便利。
友達にプレゼント。

paperbox2.jpg
マーガレットのティッシュBOX ペイントクラフトNo.47より
2005年4月 グリーンの落ち着いたBOXです。母の友達にプレゼント。

hanger2.jpg
小花のハンガー トールペイントコレクション120より  
2004年10月 3色でも華やかな感じになりました。友達にプレゼント。

kumahanger.jpg
クマのハンガー 古屋加江子・テディベアーコレクション
2005年8月 子供用ハンガーです。友達にプレゼント。

calerdar.jpg
カレンダー 四季彩 ペインティング2005年夏号vol.25より
2005年6月 我が家のカレンダーとして作りました。
白と薄いブルーのコントラスが好きです。
紙の部分は、取り替えがあります。

letterrack.jpg
デイジーのレターラック トールペイントコレクション120より  
2005年8月 友達の新築祝いに。

tray3.jpg
モーニング・グローリのお盆 ゲイル・アンダーソン/トールヘブンコレクションより
2005年5月 表札と同じデザインですが、トレーに描くとまた違う感じ。
サイドも花を描きました。母の友達にプレゼント。

osibori4.jpg
ミントのお絞り置き オリジナルデザイン
2005年5月 
おしぼり置き5つセットは母の友達にプレゼント
ブルーにさわやかに。縁にリーフ柄を描きました。

osibori5.jpg
フェンネルのお絞り置き オリジナルデザイン
2005年5月
木目調に仕上げました。落ち着いた感じ。

osibori1.jpg
ラベンダーお絞り置き トールペイントコレクション120を参考に
2005年5月 白地でさわやかに仕上げました。

osibori2.jpg
ジャーマン・カモミールのお絞り置き オリジナルデザイン
2005年5月 ピンクにかわいらしく仕上げました。

osibori3.jpg
ローズヒップお絞り置き オリジナルデザイン
2005年5月 ピンクと白のグラデージョンの下地。

box2.jpg
バラの卓上物入れトールペイントのある暮らし:憧れのバラより
2004年10月 家具とテーブルの色とケンカしないような色にしました。
母の友達にプレゼント。

shoes1.jpg
クライミングシューズ入れ① オリジナル
2007年3月 布用のテキスタイルメディウム使用
旦那のクライミングシューズ入れ。
本物そっくりに描いてみましたが、細か過ぎて気持ちが悪くなりました。
写真の上のシューズが本物です。

shoes2.jpg
クライミングシューズ入れ② オリジナル
2007年3月 布用のテキスタイルメディウム使用
私のクライミングシューズ入れ。
今はやっていないクライミング。そしてこのシューズはだんなの物に。。

anjyu.jpg
roomネームボード 古屋加江子・テディベアーコレクション
2008年5月
友達のお子さんへ。
将来、自分の部屋を持ったときに使ってもらいたいな♪


45.jpg
トレー ペイントクラフト
2009年2月 友達へのプレゼント
爽やか&オシャレな食器に合うような柄にしました。


以上、トールペイント作品でした。

こうして見ていると、またトールも描いてみようかなぁと思ったり。

トールペイント・・・飾り

トールペイント
02 /25 2011
せっかくなので、トールペイントの作品もこちらのブログにUpしようと思い
写真を見ていたら・・・

古いというか、その当時カメラ技術も無く、とりあえず撮っています感がありありの
写真しかありません。。。
しかもサイズも小さいので(旧ホームページ用に縮小した物をそのまま使用)
ご了承ください。

2002年 名古屋に駐在中に始めたトールペイント。
教室に通っていましたが、そのときの作品って今見ると「下手だなぁ~」と(笑)
歴史を感じます。。。

ほとんどの作品はお友達にプレゼントしたので、手元にありません。
こうしてみると、歴史を感じますね~。

とりあえず、今回は「飾り編」です。

wedding1.jpg
ユリのプラーク ペイントクラフトより。
習い始めて半年後の作品です。
会社の友人の結婚式用のWelcomeボード。

wedding3.jpg
バラのプラーク ペイントクラフトより。同じく習い始めて半年後の作品です。
こちらも、会社の友人の結婚式用のWelcomeボード。
当時、結婚ラッシュでした。

Wedding4_20120219093422.jpg

白バラのプラーク ペイントクラフト・伊藤万由美先生
2004年 いとこの結婚式用に作りました。

もう少しセンスある写真が撮れなかったのか・・・と後悔(汗)
これだけ縮小できなかったので、後日直します・・・。

singl-rose1.jpg
シングルローズ・ピンク ペイントクラフトNo.44より
表札にアレンジしていとこへプレゼント。

suzume.jpg
竹とスズメの表札 ペイントクラフトNo.38より
友達へプレゼント

rosa.jpg
シングルローズ・グリーン ペイントクラフトNo.44より
上記のシングルローズ・ピンクをグリーンに。
友達にプレゼント。

hyousatu.jpg
ハーブのプレート ペイントクラフトNo.38より
母の友達からの依頼で作成。

wilma.jpg
ブラッサム 看板用 ペイントクラフトNo.38より
色をアレンジして、母の友達のお店の看板を作成しました。

hyousatu2.jpg
ブラッサム ペイントクラフトNo.38より
指定の色で描きました。
友達にプレゼント。

eiffel.jpg
エッフェル塔 オリジナルデザイン。
友達へプレゼント。

no-torudamu.jpg
ノートルダム オリジナルデザイン。
友達へプレゼント。

hagoita3.jpg
羽子板 ペイントクラフトNo.46
本は万両でしたが、南天に変更しました。

re-su.jpg
Xmasリース 古屋加江子先生 テディベアコレクションより
友達にプレゼント。

hasegawa.jpg
マーガレットの表札 ペイントクラフトNo.38
友達へプレゼント

hyousatu3.jpg
モーニング・グローリー ゲイル・アンダーソン;トールヘブンコレクションより
表札にアレンジしました。

toilet.jpg
ブルーベリー トールペインティングコレクション120より
我が家のトイレ表札。今も使っています♪

spring.jpg
四季の風景(春) ペイントクラフトNo.14より
古屋加江子先生のデザインが好きで描きました。
下地にモデリング剤で凹凸をつけて描きました。
ボード(100均)に収めるようにデザインをアレンジして描きました。

summer.jpg
四季の風景(夏)

autumn.jpg
四季の風景(秋)

winter.jpg
四季の風景(冬)

hagoita1.jpg
飾り羽子板・まゆ玉飾り 古屋加江子/和のペインティングより
表デザインです。友達へプレゼント

hagoita2.jpg
飾り羽子板・鶴と松 古屋加江子/和のペインティングより
まゆ玉の裏に描きました。

singururose.jpg
黄色いバラの飾り 憧れのバラより
2005年広島転勤になり、市民教室で描きました。
カリキュラムが初心者だったので、自由コースを選び
苦手なバラを勉強しました。

kyanpasu.jpg
チューリップ オリジナルデザイン
2008年3月 キャンパス使用
オランダのキューケンフォフに行き、チューリップの絵が描きたくなりました。
  
tomomi.jpg
和のWeddingボード 古屋加江子/和のペインティングより
2009年2月
主人のいとこの結婚式のウェルカムボード。
和のおめでたいデザインを選びましたが、バランスがとても難しかったです


今回は、ここまで。

次回は、実用的な小物編をUPします。

何が違うんですか?

日記
02 /24 2011
最近、よく「バウエルンマーレライって何?」とか
「トールペイントと何が違うんですか?」という質問があります。

まずは、トールペイントについてです。

私は、「トールペイントとはアメリカントールペイントと言われるように、
ヨーロッパのフォークアートが移民と共にアメリカに渡り、
アメリカでアメリカの文化や歴史によって変化していったアート」と認識しております。

また、何種類もの筆を使って、同じところ何度も何度も重ね塗りすることによって
陰影をつけ立体的に、より実物に近い絵を描くアートでもあります。

2243.jpg
アメリカントールペイントでよく使われている筆の一部。

これでも、一部なんです。(号数はメーカーによって違います)

ラウンド筆(丸筆)3/0号~10号
ライナー筆10/0号~1号
フラット筆(平筆)0号~18号
フルバート筆(平筆の先が丸くカットされた筆)2号~12号
アンギュラー筆(平筆の先が斜めにカットされた筆)1/8号~3/4インチ
スクエアコーム(動物などの毛を描く為の筆*櫛のように毛先がすかれた筆)
自然毛ディアフット筆(風景画などを描くときに凸凹の表現やぼかし筆として使う)
モップ筆(絵の具が乾く前にモップ筆でなでる様に馴染ませてぼかす)

などなど、多くの種類の筆を駆使して描いていくアメリカントールペイント。

そして、絵の具も1作品で約10種類以上の色を用います。
作家さんや絵によって、絵の具の使用数は変わってきますが、
平均的に10種類~20種類。多いと30種類以上とか・・・。

気軽に始める・・・ってなかなか出来ないですよね・・・。
道具を揃えるまでが結構大変です。

summer.jpg
写真が小さくてすみません(汗)

古屋加加江子先生のデザインです。
14種類の絵の具を使用しました。
いろんな筆を用いて、明暗をつけたり、叩いてぼかしたり・・・

図案には、どの色を使ってどんな風に描く・・・と
作家さんの想いが細かく書かれており、それに沿って描いていきます。

そのペイント用語を理解して、技術を磨くだけでも根気が入ります。

上級になってくると、オリジナルデザイン作品を描いていけますが、
色の達人・筆の熟知・高等技術を得ないと難しい面もあります。

私も簡単な図案でオリジナルデザインで描いたこともありますが、
絵の具の組み合わせや陰影のつけ方など苦労しました。


さて、バウエルンマーレライは・・・

ドイツ南部とオーストリア地域のドイツ語圏のアート。
フォークというように古い絵です。

フォークアートの原型とも言われているアートなのです。

ロココやバロックなどの影響も受けつつ、単純なモチーフを組み合わせて描く
素朴で温かみのある絵です。

アメリカントールペイントと違って、筆1本で描いていくので、
筆に迷うことはありません。

柔らかい表現が特徴。

2244.jpg
作品の大きさにも寄りますが、この4本あれば十分です。

5号・4号・2号、細いラインを描くためのライナー筆。

凄く細かく言うと、ナイロンの毛ではなく、天然の毛(イタチなどの毛)の方が
適しています。

絵の具の使用数もアメリカントールペイントに比べると少なく
大体5種類~15種類ぐらいです。 風景画などは絵の具の色も増えますが。

no5.jpg
例えば、この作品は、丸筆5号を使用しました。

221.jpg
3月に行う教室で描くこの小さな表札は、2号筆で描きます。

つるなどの細い線を描くときは、ライナー筆があれば綺麗に描けますが
慣れてくると、5号筆でも描けちゃったり。(毛先が整って綺麗であれば)

2242.jpg
さらに、下地を塗る筆とニスを塗る筆があれば完璧です。(アメリカントールペイントも共通)


ドイツで学んでいるときに、Hasenbeck先生に
「これと同じ作品を描きたいけど、絵の具は何色ですか?」と
聞いたことがあります。

すると、先生は「この色を使ったけど、自分の好きな色で描きなさい」と言いました。

先生は、きっと「真似るのではなく、自分の想いで描きなさい」
と言いたかったのかな?と思いました。

自分で色を選んで描くことによって、色に縛られることが無く
そのときの自分の気持ちや自分の好みにアレンジでき
初めて「楽しいなぁ~」と心から思いました。

フォークアートと呼ばれるだけあり、歴史が古く
当時のことを考えると、いろんな種類の筆も無かったのかも知れません。
限られた筆で花や鳥、風景を描いていくので、アメリカントールに比べれは
繊細さは少々かけるのかも知れませんが、私はとても温かみがあると思います。

一言で言うと、単純なのかも知れません。


また、バウエルンマーレライのほかに・・・
オランダの「ヒンダローペン」「アッセンデルフト」
スイスの「パンチュールペイザンヌ」
ノルウェーの「ローズマリング」
ロシアの「ジョストボ」

8157.jpg
オランダ・ヒンダローペンの技法で描いた木靴。これも丸筆2本で描きました。

ヨーロッパとひとくくりで言えない位、
各国の文化があり、独特な絵が発展してきました。

その文化でもあるフォームアートがアメリカに渡り、
独自の画法、筆の発展、絵の具の色の開発をし続け、
アメリカントールペイントが確立していったと思います。


今では、現地でもフォークアートを引継ぎ守る人が少なくなっているそうです。

たった4年かも知れませんが、ドイツに住んで、ドイツの文化や生活に触れ
バウエルンマーレライを学んだことをこれからも忘れずに、
多くの人に見ていただいたり、触れたり、そして、1度でも良いので描いてみたいっという
思いになっていただけるよう、私もがんばって行きたいと思います。


この説明で判りましたか?







消しゴムハンコ

その他作品
02 /23 2011
以前、「マーレライなハンコ」を作りました。

その後、消しゴムハンコがプチ・マイブームになり・・・

いろいろな「消しゴムハンコ」を作りました♪←日常ブログで紹介したハンコたち。

最近はちょっとマーレライを描く時間に集中していて作っていませんでしたが
昨日、旦那の帰りも遅いので(22時過ぎ)、夕飯の準備をして帰ってくるまでの時間を利用して
こんなハンコを作ってみました♪

2236.jpg
細かかったので目が疲れたぁ。

2233.jpg
以前作ったハンコで名刺(色を変えるとまた雰囲気が違います♪)の裏に押してみました。

2234.jpg
押してみるとこんな感じです♪

Bauerum Malerei(バウエルンマーレライ)

Poco Handgemalt(ぽこの手描き)

という意味のドイツ語のハンコです♪

2232.jpg
葉っぱのハンコとか・・・

2231.jpg
お花のハンコとか押してみたり♪

ADDとかTELなどのハンコを押さずに、表をメッセージカードとして使えば、
今回作ったBauerun Malereiハンコを裏に押してHPアドレスとか、メールアドレスを付け加えて使えば、
作品に添付できるかなぁ~なんて思ったり。

今は、パソコンで作成してプリンターで印刷していますが、
インク代も馬鹿にならないしね。←主婦は気になる。

ハンコの方が「手作り!!」って感じが出て良いかな。

ハンガー ②

作品(販売品)
02 /21 2011
先日の日記で紹介しましたハンガーのシリーズとして
3本作りました♪

本当は、2本で1ペアにしたかったのですが、
ボケーっとした性格なもので・・・
5本注文している私って(汗)

3本同じ色のベースで塗ろうかなぁ~と思いましたが、
「それも面白くない!!」と思い、こんな感じに仕上げました♪

2211.jpg
ライトバイオレット(2本)とホワイト(1本)のベースにしてみました。

そして、花の色は同じにしたので、統一感もでました。

もちろん、1本でもOKだし、3本揃えてもOKだし♪

2212.jpg
裏面は、前回のハンガー同様に小花を中心にしたデザイン。

コメントで「小花のデザインの方がスキ♪」と頂き、とても参考になりました!!

ありがとうございます♪


5月8日は母の日ですね。

お母さんに感謝を込めてプレゼントにいかがですか??

もちろん、お誕生日プレゼントや自分使いでも♪


子供用のハンガーも購入したので、これから作業に取り掛かりま~す。



ハンガー①

作品(販売品)
02 /19 2011
最近、ちょっとづつ春の気配を感じられるようになりましたね♪

春らしい作品を書きたいなぁ~と思いつつ、
私の好きな色「チョコレートチェリー」*ブラウンよりパープルに近い色。
でベース塗りしたハンガーに絵付けしました♪

2191.jpg
白を中心に、ゴールドとピンクだけで描いてみました♪

暗い色のベースに明るい色ではっきり描くと目立ちますが、
中間色を入れることでなじんできます。

2192.jpg
裏には小花を中心に描いてみました♪

どーでしょうか??

2つセットで使ってもらえたらなぁと思いつつ。
でも、全く一緒も面白くないので、同じ色で図案を変えてみました。

☆aiko3さん、お買い上げありがとうございました♪
 お母様のお誕生日プレゼントとして選んでいただき、とても嬉しいです。
 
 
あと3つハンガーがあります。

2つセットにして・・・と思って6つ注文したと思っていたら、
5つしか注文していませんでした(汗)

ちょこっとコートをかけたりするにも便利だし、
お客さま用として玄関先に置いてあると便利ですね♪


今日は土曜日でお休みだけど、旦那さまが雪山登山に行ったので
私はあと3つのハンガーを仕上げようかな♪






エコバッグ・・・⑤

オーダーメイド(マーレライ)
02 /17 2011
3月15日の教室の案内・・・「ミニ表札作り」をご覧ください♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

またまたエコバッグの作品です♪

母から頼まれたエコバッグの残り・・・10個ありました。

その後、友達から1つ。

他のお友達からも2つ注文がありました。

そして・・・母から電話があり、
「4つ送ってもらったけど、前に描いてもらったバッグを含めて5つ持っていったら
全部欲しいって5つ買ってもらったよ~。」と嬉しい報告が♪

「全部違う柄だし、友達にちょっとプレゼントするのにちょうど良いし、実用的だし!」っと
言ってもらえたそうです。

母も「ちょっと友達にあげたり、何かをプレゼントする時に入れたりするにもいいよね。」と
追加注文がありました。

また、親戚の叔母もエコバックが欲しいって言っていたから~とまたまた追加。

残り10個のエコバッグはあっという間に完売です☆

2162.jpg
母に送る予定のエコバッグ。

今回は、モチーフを○と△に(笑)

お友達からの注文のエコバッグは、お渡ししてからブログで紹介します♪
お楽しみに☆

あと、自分で描いていて、自分が持っていないのも・・・←自分のも欲しい

2163.jpg
これは□のモチーフ(笑)

○・△・□・・・同じお花でも形を変えると雰囲気が違ってきて
描いていて面白いです♪

母から「またエコバッグ、送るから~」と素材提供予告がありました♪

次はどんなデザイン&色にしようか今から楽しみです。


今日は気分転換で、ハンガーの絵付けをしようと思っています。








日本ホビーショー

日記
02 /15 2011
3月15日の教室の案内・・・「ミニ表札作り」をご覧ください♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨年の話ですが、日本のトールペイント界で大きな出版社「株式会社サン・ケイ」
で発行しているトールペイントの通販カタログで、雑誌に載せる作品を募集していました。

いつも絵の具や筆などの道具を購入するのに、眺めているカタログ。

素材などの紹介と同時に有名な先生の作品が載っていて、とても参考になるんです。

「まっ、どうせ選ばれないだろうっ」と思いつつ軽い気持ちで1点応募してみました。


すると・・・

その編集部から手紙が来ました。
カタログの掲載が決まりましたので、作品の送付をお願いします」と!!!

えーーーっ!!私の作品が、カタログに載るの?!とビックリ。

くらしのアートトールペインティング&クラフトカタログ―塗り絵感覚で楽しくペインティング (レディブティックシリーズ no. 2925)くらしのアートトールペインティング&クラフトカタログ―塗り絵感覚で楽しくペインティング (レディブティックシリーズ no. 2925)
(2009/09)
不明

商品詳細を見る

このカタログは、現在売られているカタログです。

これが今年の夏ごろ?リニューアルされるために、作品を募集していました。


もう、私の作品が載るということだけで嬉しかったのですが、

後日またまたサプライズなお手紙が。

4月27日~29日、東京ビックサイトで行われる「日本ホビーショー」に
カタログに掲載する作品を展示することになりました。



えーーー!!!


日本ホビーショーって!!!

ずーっと行きたかったけど、なかなか行けなかったメッセ。

メッセ好き&ホビー好きにはたまらないメッセ。

そのメッセに!!!気絶・・・。


「日本ホビーショー」のHP←こちらから。

どの作品かは・・・カタログが発行されてからご紹介いたします♪


ドイツ転勤で出会ったバウエルンマーレライ。

これからもいろんな作品を作り続けたいと思います♪


エコバッグ・・・3色④

オーダーメイド(マーレライ)
02 /09 2011
3月15日の教室の案内・・・「ミニ表札作り」をご覧ください♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日、母から電話がありました。

前に描いてもらったエコバグ、近所の奥様が欲しいって言っててね。
だから、同じエコバッグを送ったから~」

と、送られてきたエコバッグですが・・・

なんと!14個ありました(笑)←ほとんど買い占めたらしい(笑)

母曰く、「欲しいのは3つぐらいだから、残ったのは委託販売で使って」と
嬉しい素材提供でした♪

ありがとう!


早速、引きこもり期間を設け(笑)作業に入りました。

291.jpg
今回は、このワインレッドのエコバッグが多く、全部で6色ありました。

とりあえず、この3色を描いてみましたが、無地の時は「地味な色だなぁ」なんて思ったけど
絵を入れると華やかになった♪と思いません?

292.jpg
ちなみに、今回、私が気に入ったのは、このモスグリーンに赤いバラを描いた物。

鮮やかなグリーンもチューリップのリースを描いて、春夏にいいかも♪

293.jpg
たたむとこんなに小さくなるので、持ち運びに便利です。


この4つは母に送って、残りの10こをこれから描こうと思います。

出来上がったら時期を見て、Lecheさんに持っていこうかなぁ!




ミニ表札の見本を納品

教室の案内
02 /07 2011
今日、Lecheれちぇさんに「3月15日に行われるバウエルンマーレライ・ミニ表札作り」の
見本を納品してきました♪


271.jpg
100均で売っているコルクボードに絵付けしてみました♪

興味のある方は是非!手にとって見てみてくださ~い♪




飾るための・・・

アイテム
02 /04 2011
3月15日の教室の案内は・・・「ミニ表札作り」をご覧ください♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は、マーレライの作品ではなくて、新しいカテゴリー「アイテム」で
ちょっと書きたいと思います。

日本でのトールペイントを習ったり、道具を揃えたりするのって
すごく恵まれているなぁ~っと実感しています。

ネットでいろいろ道具も買えるし、素材も豊富だし♪

ドイツの時は・・・

手芸屋さんがあまり無いために、道具を入手することが困難です。
私が住んでいた町には、美術大学があった為に代用できる物も売っていました。
また、数件ある手芸屋さんに「ペイントコーナー」もありますが、
日本のトールペイントの道具に比べて・・・お粗末・・・というと失礼だけど
筆などの種類も無いし、絵の具もあまり豊富ではありませんでした。

トールペイントでお馴染みの「Deltaセラムコート」や「DecoArtアメリカーナ」
などの絵の具を購入するには、日本に一時帰国したときに大人買いしていました。

私が通っていたHasenbeck先生のアトリエには、「アメリカーナ」と「ワコフィン」を
扱っていましたが、正直、日本で購入した方が少し安いかなぁなんて思ったことも・・・。

でも、やっぱり描いていると「この色ほしいなぁ~」と誘惑に負けて
いろいろ購入していましたが(笑)

そんなドイツ生活中に、「これ、意外と良いわ!!」と思ったアイテムがあります。

作品を飾るときに、日本ではこのような金具を付けます。
245.jpg
(昨日UPしていた写真の金具は、固定するためのでした。間違えてUPしていました・・・。
どちらにしてもネジを使うんですけど・・・)

ネジで固定するので、重い物もへっちゃらなんですが・・・
素材自体が薄い物だと、表にネジが出そうで(汗)

しかも、素材の木がたまにやたらと硬かったりするとネジが思うように入らなく・・・

そんな経験したことありませんか??

ドイツで普通に売っていた・・・Hasenbeck先生のアトリエでも扱っていた

242.jpg
糊で固定する金具。

ちょっと頼りない感じなんですが、軽い小さな表札とか
大きくても軽い素材の物なら問題ないんですよ。

243.jpg
こんな感じで白い部分に糊が付いているので
水に濡らして貼り付けるだけ。

でも、乾かないうちに動かすと失敗するので(粘着が弱くなって使えなくなる)
乾くまでガマンなんですが。

もし粘着が弱そうだなぁと思ったら、木工用ボンドでくっ付けちゃったり
ちょっと強力なテープで補強したりするとOKなんです♪

244.jpg
あまり目立たないし、素材を傷つけることがないので
もし必要なくなったら剥がしちゃえばいい。


帰国する前に大人買いしたはずなんだけど、もう在庫が大小各10個づつになってしまいました(泣)

日本でも同じような物が売っていないかネットで見ているんですが
見つかりません。

もし「あっ!これ知っているよ。日本で売っているよ!」と
ご存知の方。

是非、ご連絡ください。




ぽこ・マーレライ

こんにちは!ぽこです。
皆さんにドイツのバウエルンマーレライの作品と革に染色し、1針1針心を込めて作るレザー作品をご紹介♪
オーダーメイド&講習についてのご相談も受付中です。
メールフォームよりご連絡ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。