2008年作品

作品(2008年)
12 /25 2010
続けて2008年の作品をUPします。

この年は、作品としては15作品ですが、
自分なりに「大きなものを描いたなぁ~」という作品がいっぱいありました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
29の1
2008年2月。
2枚はオリジナルデザイン。
あとの4枚は、ハイゼンベック先生のデザインです。
はっきりと差が判りますよね(笑)

29の2
2008年2月。
オリジナルデザイン。
コースターの入れ物です。
もう少し細かいデザインにすればよかったです。

30.jpg
2008年1月。
ハートの小物入れ。紙でできています。
2つセットです♪

31.jpg
2008年2月。
南ドイツ風のデザインです。
ケシの花が可愛らしいです。

32.jpg
2008年2月。
イースターエッグです。
ウサギの学校がテーマになっていて、ひとつの物語が描かれています。

33の1
2008年3月。
イースターリースです。
チューリップがメインです。3連リース。

33の2
2008年3月。
同じく、上のリースの下の部分です。
3つのリースを組み合わせるので、色塗りが意外と大変でした。

33の3
2008年3月。
イースターリースの裏に描きました。
年間通して玄関に飾れるようにしました。

33の4
2008年3月。
同じくリースの下の部分。
一番小さいリースにハートの形のモチーフを描きました。
可愛いです。

34.jpg
2008年6月。
レース調の柄にバラを描きました。
周りはピンクとゴールドのクラッキングで仕上げました。

35の1
2008年7月。
アクセサリー入れです。

35の2
2008年7月。
アクセサリーの鏡の部分です。
引き出しも付いていて、使い勝手は便利ですが。。。
色塗りが大変でした。

36の1
2008年6月。
ボリビアから来たアンナ先生の特別教室で描きました。
デザインは、モーリン・マックノートン先生です。

36の2
2008年6月。
同じくアンナ先生の特別教室にて。
ブリキのトレーに描きました。

38の1
2008年7月。
牛乳缶に描きました。
大きい素材だったので、教室に運ぶのに大変でした・・・。
しかも。。。電車の移動だったので、電車内ではドイツ人が不思議そうに見ていました。

38の2
2008年7月。
缶なので、少し物が当たるとペイントした絵の具が剥げてしまったりして
大変でした。

39.jpg
2008年8月。
オーストリアのマーレンです。
特別に描き方を教わりました。

40の1
2008年8月。
大きな作品が続いたので、小物を(笑)

40の2
2008年8月。
同じく小皿に絵付け。レース風の柄にしました。
オリジナルデザインです。

41.jpg
2008年10月。
ハイゼンベック先生の古い作品を模写しました。
アンティークな感じで、今とバラの描きかたが違いました。

42の1
2008年10月。
エンジェルの形の素材に絵付けしましたが、顔がイマイチでした・・・。

42の2
2008年10月。
後姿です。羽に苦労しました。

43の1
2008年11月。
3連のクリスマスリースです。
一番大きなリースは、トールペイントの技術で描きました。
デザインは、ハイゼンベック先生に自分のイメージを伝えてデザインを起こしてもらいました。

43の2
2008年11月。
一番下のモチーフです。教会に向かう人々を描きました。

43の3
2008年12月。
クリスマスリースの裏に描いた、お正月用のリースです。
オリジナルデザインです。
トールペイントの技術で描きました。

43の4
2008年12月。
古屋加江子先生のデザインを用いました。

43の5
こちらも同じく古屋加江子先生の「和のトールペイント」より。

44.jpg
2008年12月。
時計です。
素材が高くてなかなか手が出せませんでしたが、素材が製造しなくなったと聞き、
急いで購入しました。
納得のいく作品になりました。


2008年はハイセンベック先生のデザインを主に
いろんな素材にチャレンジしました。

そして、ボリビアからのアンナ先生やバウエルンマーレライとは違う技法も学べて
充実した1年でした。

スポンサーサイト

ぽこ・マーレライ

こんにちは!ぽこです。
皆さんにドイツのバウエルンマーレライの作品と革に染色し、1針1針心を込めて作るレザー作品をご紹介♪
オーダーメイド&講習についてのご相談も受付中です。
メールフォームよりご連絡ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。